成人式での振袖レンタルはどれにしたらいいの?

成人式での振袖レンタルはどんなものにしたらいいの?

成人式と言えば女性の場合には振袖を着るのが一般的なものとなっていますね。もちろんスーツなどを着て参列するという人も少なくはないのですがこんな時でもないと振袖も切る機会もないということもあってこの日ばかりは張り切ってということが多いでしょう。

もちろん振袖を購入するとなるとかなりの費用が掛かってしまうために現在では、購入する人は少なくなってきています。とはいっても成人式は節目の時でもあるからこそきちんとした服装で、という気持ちはだれにでもあることですね。そこでレンタルが人気となっています。

でもレンタルの場合には購入するのとはまた、違ってどういったものが良いのか自分で選ばなければならないということもあります、アドバイスを受けることが難しい点もインターネットなどでのレンタルの場合にはあるかもしれませんね。

自分では選ぶのが難しいという人の場合には、店舗に足を運ぶ必要があるとはいっても店舗に出向いて相談した方が良いでしょう。

振袖のように着物の場合には洋服とはまた違った印象となります。普段から好んで着ているような色であってもなんだか合っていないような気がするということもありますし。また柄も大きなものの方が似合っているなど違いがあります。

まずは好みの物を選ぶ実際に軽く来てみることで印象を確認することができます。普段では着ないような色が映えてきれいに見えることも良くあることですから悩むよりは着てみた方がいいでしょう。

成人式での振袖レンタルはこちら

どうして成人式に振袖なの?

振袖といってだれもがイメージするのではないかと思えるのが成人式ですが、そもそもなぜ成人式に振袖を着るのでしょうか。

振袖はその昔は女性が男性に思いを伝えることはタブーとなっていましたから、そんな時に長い袖を使って男性からの求愛に対して返事をしていたと言われています。素での振り方で返事には違いがあったのですが、これが今の振った、振られたになっているとも言われています。

つまり未婚の女性が着ているものということになりますが、これも江戸時代のころに未婚女性の袖が徐々に長くなってきて現在のような長さになったとされています。もちろん振りぞでのような長い袖は日常生活を送るには邪魔なものとなってしまいますから未婚女性の正装として現在に伝わってきたということになります。

それだけでなくこの長い袖には、厄払いをするという意味もあり、そういったことからも成人式での正装として厄を払い門出を祝うということもあるようです。

単に着るというだけでなくその意味を知り身に着ける事でより身を引き締めて喜びの時を迎えることができるのかもしれませんね。

最新記事